真夏の国より ー 着くまでが大変だった編

2016年4月12日(火)

昨日午後、ミャンマーより帰国しました。

ミャンマーと聞いて思い浮かぶものは
アウン=サン=スーチーさんと中井貴一、ぐらいの
私でしたが
今回は滞在中じっくり街中を歩く機会があり
またそれは写真を整理してから書こうと思っています。

まぁ、今回はなんだかヤンゴンに着くまでが大変で。



d0186440_15405175.jpg
羽田発北京経由でヤンゴン。
まず羽田発のエアチャイナが2時間遅れ。
乗り継ぎも2時間しかなく、間に合わないんじゃないかと
カウンターに問い合わせると
到着してみなければわからない、万が一間に合わなければ
現地で次便を用意するなど対応します、と。

次便?北京ーヤンゴンなんて頻繁に飛んでるか?

少々不安を覚えつつ出発。

で、まぁ、間に合わないわけで。

これも、乗り継ぎ便出発時刻の25分前に着陸したので、
お、これはぎりぎり間に合うんでないの?とちょっと期待したのですが
北京首都国際空港ってばっかでかいんですね。
到着ゲートまで飛行機が誘導路を走ることなんと20分。
荷物をもって急いで飛行機を降りると、乗り継ぎ便のゲートクローズの文字が・・。

ぼうぜん。

そこに「乗り継ぎのお客様へ」みたいな案内もなく、
一体どこへいって誰に話しをすればいいのかもわからない。



d0186440_15413122.jpg

もう一度いいますが、北京首都国際空港ばばっかでかい。
そして、夜遅くにもかかわらず、乗客で溢れている。
で、空港職員は見つからない。

ここからは何度も人に聞き、あちこちのカウンターへ行って
何度も事情を説明しました。
そして、
一度入国し、チケット手配し、ヤンゴンまで預けたラゲッジを
探しだし、出国し、荷物検査。

この間どれだけ歩いたことか・・・・
2階へ行けだのこんどは4階だの、どれもがいちいち遠い。
空港巨大すぎるんですよ本当に。

しかも予想通り直航便はなく
夜行便でシンガポールに飛びそこからヤンゴン入りすることに。

ここまででもうヘトヘト。
何度も言うけど、本当に巨大すぎ、空港。
なのにイミグレも荷物検査も長蛇の列だし。
どこが最後尾なの?これ何の列?と
尋ねたくなるほどの列。

シンガポール行きの機内では爆睡していました。

で、シンガポールの乗り継ぎもとってもタイトで
朝から巨大な空港を走り抜けるハメに。
さすがはアジアのハブ空港、
華やかで賑やかなショップとかカフェとか
ゆっくり楽しみたい場所って感じだったのになーー。

やっとの思いでヤンゴン行きの出発ゲートにたどり着くと
同じ目にあったらしい外国人のおじさまが
大げさに息をつき、
「no more Beijing..」と漏らしておりました。
ええ・・わかりますよ、その気持ち。同感。



d0186440_15422415.jpg

まあこれでとにかく
当初の予定より10時間あまり遅れましたが
ヤンゴンへ着いたのです。が、
到着したのは人間だけ、荷物は乗り継ぎに間に合わず、という
おまけまで付きました。
なんかもう、笑っちゃいましたわ、ああ、やっぱねって。

この日はすでに2つの行事を到着遅れによりキャンセルしていまして、
そして夕方からはひとつパーティが入っている。
いくらなんでも着の身着のままのカジュアルウエアでは出席できないし、
メイク道具もなにもスーツケースの中だ。

次便で到着するというので
とにかく急いで急いでホテルに届けてもらうことに。

そこでは現地のガイドの女性が
空港の職員に念を押してくれたおかげで
無事に荷物は届きパーティには間に合いましたが、
それはそれは始めっから
トラブル続きの旅行の始まりでありました。

・・まぁ、こんなのもなかなかできない経験だし
半分トラブルそのものを楽しんじゃってたかもの自分ですが。
ははは。



書いてても到着しただけで疲れましたので
続きはまたいつか。
今日は洗濯や荷物の整理、そして
お疲れ休みです。
なんだか寒いですよね・・・
気温40度の国にいた身にはこたえます・・・
いや、40度の方がこたえますけど笑




d0186440_15392340.jpg
最後に美しい夜のシュエダゴンパゴダを。






ブログ村のランキングに参加しています。
どちらかクリックしていただけるとうれしいです。



ありがとうございます。





[PR]
by suzie0135 | 2016-04-12 15:52 | おでかけ | Comments(0)
<< ヤンゴン街歩き to the new world >>